July 11, 2012

脱毛の対策(食事で気をつけること)

脱毛の原因として多い3つの要因
*化学物質汚染
*栄養障害
*血行不良

これらを解消することが発毛・育毛の近道であることは、これまでの説明で分かっていただけたかと思います。
では、どのように対処していくかを1つずつ解説していきます。


化学物質汚染

これは、食事によってとってしまう場合と、シャンプーやトニックなどから吸収してしまう場合があります。

*食事で気をつけること

乱暴な言い方ですが、腐らないものは食べない!これが一番大切です。
食品添加物・保存料を避けるということです。

「最近の食パンってカビませんよね。」
僕が子供のころの食パンは、よくカビました。
気候が変わったせいでしょうか?
原料の管理が良くなったせでしょうか?
でも、原材料にこだわって作っているパン屋さんで高い食パンを買ってくるとカビますよね。

日本人は、腐りやすかったり、虫が喰っていたり、形が悪かったりする食品を毛嫌いします。
しかし、腐るのを抑えるためには保存料が必要でしょうし、虫がつかないように農薬を撒きます。
虫も食べないものを僕らは喜んで食べています。

友人で、超早期のガンを予防医学の権威に発見してもらい助かった男がいます。
彼はその後、医師の食事指導をうけて、コンビニで買い物することがなくなったそうです。


食生活は習慣ですので、どこまでやれるかはその人次第になってしまいますよね。
ただ、発毛は健康な生活とイコールなので、どうしてもこういう話になってしまいます。
とりあえず知識としてお教えしますので、あとは、自己判断してください。


odawarabiyouin at 16:39│Comments(0)TrackBack(0)発毛・育毛 | 美容師さんのマメ知識

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
こんにちはVeloceです